あき‐ぎり【秋霧】 の意味

  1. 秋に立つ霧。
    • 「春霞かすみて去 (い) にし雁 (かり) が音は今ぞ鳴くなる―の上に」〈古今・秋上〉
  • 名詞