出典:デジタル大辞泉(小学館)

秋に立つ霧。

「春霞かすみて去 (い) にし雁 (かり) が音は今ぞ鳴くなる―の上に」〈古今・秋上〉