出典:デジタル大辞泉(小学館)

ギリシャ、ペロポネソス半島東部アルゴリス平野にある古代都市遺跡。現代名ティリンタ。ミケーネ文明の盛期である紀元前1400年から前1200年頃に建てられた宮殿や城塞の遺跡がある。神話によるとヘラクレスの生地とされる。1884年から1885年にかけて、シュリーマンにより発掘された。1999年、ミケーネとともに世界遺産(文化遺産)に登録された。ティーリンス。