出典:デジタル大辞泉(小学館)

大学・短大・高等専門学校・専門職大学院に対して、文部科学大臣の認証を受けた評価機関による評価を、7年以内(専門職大学院は5年以内)ごとに受けることを義務付ける制度。学校教育法の規定が根拠。平成16年(2004)開始。教育の質の確保を目的とするもので、認定・不認定・保留等の認証結果が公表され、問題点などが示される。→大学基準協会