出典:デジタル大辞泉(小学館)

星形成領域に見られる星雲状の天体。原始星周辺にはガスや塵が集まって円盤状になり、双極分子流と呼ばれる激しいジェットが形成される。ジェットは周囲の星間物質を吹き払い、中心星からの高速プラズマ流が両極方向に放出され、星間物質と衝突して衝撃波を生じる。この衝撃波の部分がハービッグハロー天体であると考えられ、しばしば強い輝線スペクトルが観測される。HH天体。