出典:デジタル大辞泉(小学館)

Palaia KameniΠαλαιά Καμνη》ギリシャ南東部、エーゲ海にある小島。キクラデス諸島の最南部、大小五つの島からなるサントリーニ島の中央部に位置する火山島。紀元前1500年の大噴火でカルデラができ、紀元前197年の地震で中央火口丘群が海上に現れて、同島が形成された。現在も火山活動が続き、海中温泉があることで知られる。

[地理/外国地名/南ヨーロッパ]カテゴリの言葉