出典:デジタル大辞泉(小学館)

圧力や温度の計測に用いられる、中空で扁平な曲がった管。圧力計の場合、管内の気体の圧力が高くなると管が変形し、その先端の変位から圧力を計測する。温度計の場合、アルコールなどを封入し、温度が高くなると管が膨張して液面が移動することを利用する。曲がり形状には円弧、渦巻きらせん、つる巻きらせんなどがある。