出典:デジタル大辞泉(小学館)

ヘリウムネオンの低圧混合ガスを用いる気体レーザー。1960年、米国ベル研究所で開発された。ガスの主成分はヘリウムで、15パーセント以下の割合でネオンを含む。主波長633ナノメートルの赤色光を発する。バーコードリーダーレーザープリンターレーザーポインターなど、さまざまな用途で利用される。