出典:デジタル大辞泉(小学館)

大統一理論で導き出される陽子が崩壊する現象。クオークレプトンに変化させる極めて弱い相互作用により、陽子が陽電子π (パイ) 中間子、またはニュートリノとπ中間子に崩壊するとされる。岐阜県のスーパーカミオカンデをなどで陽子崩壊の観測が続けられているが未だ発見されておらず、陽子に寿命があるならば少なくとも1034年以上と考えられている。