出典:デジタル大辞泉(小学館)

徳島県中東部を流れる川。吉野川の一支流。剣 (つるぎ) 山地の川井峠(標高約740メートル)付近に源を発して東北流し、徳島市北部で吉野川に合流する。長さ49キロ。上流は剣山地を蛇行し、中流は渓谷をつくる。下流域は自然堤防後背湿地が発達し、国分寺・国分尼寺があり条里制遺構なども見られるなど、かつての阿波 (あわ) 国の中心地。