出典:デジタル大辞泉(小学館)

ルーマニア西部の都市。ハンガリーとの国境に近く、ムレシュ川沿いに位置する。16世紀半ばから17世紀末までオスマン帝国領。旧市街には、オーストリアハンガリー帝国時代に建てられたバロック様式や新古典主義様式の建造物が数多く残っている。同国西部における交通の要衝であり、商業、製造業が盛ん。