出典:デジタル大辞泉(小学館)

高知県中央北部、土佐郡土佐町瀬戸にある山。石鎚 (いしづち) 山脈中に位置する。標高1506メートル。屋島の戦いで源氏に敗れた平家の落人 (おちうど) が安徳天皇とともに山頂の洞窟に隠れたといわれる伝説の山。霊山として知られる。頂上にはシャクナゲ・ブナなどが自生している。