出典:デジタル大辞泉(小学館)

長崎県南部、長崎半島の最先端にある島。長崎市に属する。面積2.4平方キロメートル、周囲7.5キロメートル。最高点は南端の行者 (ぎょうじゃ) 山(標高130メートル)。昭和61年(1986)、対岸の脇岬との間に樺島大橋が架けられ、陸路で行き来が可能になった。オオウナギが生息し、国の天然記念物に指定されている。

[地理/日本地名/九州]カテゴリの言葉