出典:デジタル大辞泉(小学館)

ブルガリア中部の都市。バルカン山脈北麓、ヤントラ川沿いに位置する。中世以来、交易と手工業で発展。早い時期から経済力をつけた商人を中心に民族的自覚が芽生え、ブルガリア教育を目的とする学校や多くの企業が設立された。ユーモアと風刺の町として知られ、風刺画などを集めた博物館がある。

[地理/外国地名/東ヨーロッパ]カテゴリの言葉