出典:デジタル大辞泉(小学館)

Kuressaare linnus》エストニア西部、サーレマー島南岸の都市クレッサーレにある城。14世紀にサーレラーネ司教の居城として建造。戦争などによる被害をほとんど受けなかったため、バルト海沿岸の中世城郭建築を今に伝える貴重な建造物として知られる。現在はサーレマー歴史自然博物館となっている。