出典:デジタル大辞泉(小学館)

債権者が自分の債権弁済を確保するために、債務者の故意になした詐害行為を取り消す権利。債権者の財産を保全するための制度として、債権者代位権とともに民法に定められている。債権者取消権。廃罷 (はいひ) 訴権。