出典:デジタル大辞泉(小学館)

主に新生児・乳幼児に発症する高インスリン血性低血糖症の治療薬。商品名アログリセム。膵臓のβ (ベータ) 細胞に作用してインスリンの分泌を抑制し、血糖を上昇させる。

[補説]米国の製薬会社シェリング‐プラウが1960年に開発。米国では76年に承認された。日本では平成17年(2005)に厚生労働省の未承認薬使用問題検討会議による早期承認申請の要請を経て平成20年(2008)に承認された。

[医学/医学の言葉]カテゴリの言葉