出典:デジタル大辞泉(小学館)

カルコパイライト系太陽電池の一。シリコン(珪素 (けいそ) )の代わりに、銅(Cu)、インジウム(In)、ガリウム(Ga)、セレン(Se)などを用いた太陽電池。エネルギー変換効率は実用化レベルで8~12パーセント、最高約20パーセントと高く、数マイクロメートルの薄膜で機能するため省資源化に向く。CIGS系太陽電池。CIGS太陽電池。→CIS型太陽電池