出典:デジタル大辞泉

奈良市の地名。霧の名所として知られた。新古今集の歌人藤原良経の号、秋篠月清の由来地。[歌枕]

「―や外山 (とやま) の里やしぐるらむ伊駒 (いこま) のたけに雲のかかれる」〈新古今・冬〉