出典:デジタル大辞泉(小学館)

自由民主党にあった派閥の一。七日会木曜クラブなどの昭和47年(1972)から同62年(1987)における通称。同47年に田中角栄らが佐藤派の大多数を率いて独立。田中は直後に首相に就任し、自派を七日会と称した(同55年からは木曜クラブ)。田中の首相退任後も拡大を続け、大平鈴木中曽根内閣など他派の首相の政権にも絶大な影響力を行使した。のちの平成研究会につながる。→竹下派

[補説]田中の死後も、利益誘導・開発重視・金権政治などの代名詞として「田中派政治」といった言葉が使われている。また、田中自身が田中派会長を務めたことはない。