出典:デジタル大辞泉(小学館)

deep packet inspection》インターネットの利用者とサーバーの間でやりとりされるデータ(正確にはパケットの制御情報)を第三者が検査する技術。ファイル交換ソフトなどの過度な利用により、ネット渋滞を未然に防ぐために用いられる。利用者の趣向や行動を把握した上で配信する行動ターゲティング広告への利用の是非が議論されているほか、情報漏洩や盗聴の危険性の指摘もある。ディープパケットインスペクション。