出典:デジタル大辞泉(小学館)

香川県北東部、小豆 (しょうど) 島直 (なお) 島の間にある島。備讃 (びさん) 諸島の一。面積14.5平方キロメートル、周囲19.8キロメートルで、小豆島につぐ県内第2の島。畑作と沿岸漁業が行われる。典型的な開析溶岩台地で、豊島石とよばれる凝灰角礫岩 (ぎょうかいかくれきがん) は灯籠 (とうろう) など石細工物に利用される。瀬戸内海国立公園の一部。

[地理/日本地名/四国]カテゴリの言葉