出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 隆達節 (りゅうたつぶし) や投げ節が、元禄(1688~1704)の前後に江戸風に歌われたもの。

  1. 幕末のころ、歌沢に対し、江戸端唄 (はうた) から分かれて一派を立てたもの。座興的な三味線の爪弾 (つまび) きに乗せたテンポの速い歌い方が特色。

  1. 江戸時代の小唄。また、江戸趣味の小唄。