えど‐こもん【江戸小紋】 の意味

  1. 江戸時代の武士の裃 (かみしも) に用いられた染め物。柄 (がら) が非常に小さいにもかかわらず、遠目にはっきりと見える。1色染めが特色。