出典:デジタル大辞泉(小学館)

東京都千代田区にあった江戸幕府の本城。現在の皇居。中世の江戸氏の居館跡に、長禄元年(1457)太田道灌 (おおたどうかん) が築城。のち、天正18年(1590)の徳川家康関東移封入城後、3代将軍家光に至る数回の工事で完成。その後、数度の火災と改修を繰り返したが、本丸は幕末に焼失。明治になって皇居となり、西の丸跡に宮殿が建てられた。富士見櫓 (やぐら) ・伏見櫓・桜田二重櫓のほか多くの城門を残す。千代田城。

出典:青空文庫

出典:gooニュース