出典:デジタル大辞泉(小学館)

Hiiumaa》エストニア西部、バルト海にある島。スウェーデン語名ダゴ島またはダゲー島。主な町はカルドラ。16世紀から18世紀にかけてスウェーデン領となり、その後、第一次大戦までロシア領であった。全体的に平坦な地形で森林と湿原が多く、オオヤマネコ、テンなどが生息する。畜産と漁業が盛ん。西部のクプ半島にある灯台はバルト海沿岸で最も古いものの一つとして知られる。

[地理/外国地名/東ヨーロッパ]カテゴリの言葉