出典:デジタル大辞泉(小学館)

歌舞伎狂言世話物。3幕。3世河竹新七作。明治31年(1898)東京歌舞伎座で初演。鳶 (とび) の者の佐七と柳橋の芸者小糸との悲恋を中心とし、4世鶴屋南北らの「心謎解色糸 (こころのなぞとけたいろいと) 」を書き替えたもの。通称「お祭佐七」。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉