ふ‐の‐いさん〔‐ヰサン〕【負の遺産】 の意味

  1. 相続される遺産に含まれる負債。企業などで、過去の取り決めや事件などによって現在に生じている負担。→レガシーコスト
  1. 比喩的に、次世代に押しつけられる未解決の問題。前任者が責任を果たさなかったために、後任者が受ける迷惑。
  1. 世界遺産のうち、戦争や虐殺など、人類が犯した過ちの跡をとどめる物件。世界遺産条約に明確な定義はないが、一般にはアウシュビッツビルケナウの強制収容所や原爆ドームなどを指していうことが多い。負の文化遺産。