あき‐ぜみ【秋×蝉】 の意味

  1. 秋になってなお鳴いている蝉。また、ヒグラシなど秋になって鳴く蝉。 秋》