あき‐た【秋田】 の意味

  1. 稲の実っている田。
    • 「植ゑて往 (い) にし―刈るまで見えこねば今朝初雁の音 (ね) にぞ鳴きぬる」〈古今・恋五〉
  • 名詞