出典:デジタル大辞泉(小学館)

ロシア連邦、北サハリン(北樺太)西岸、間宮海峡に臨む都市。林業、石炭産業の中心地として栄えた。帝政ロシア時代の流刑地。19世紀末、小説家・劇作家チェーホフが滞在し、のちに「サハリン島」を著したことで知られる。

[地理/外国地名/東アジア]カテゴリの言葉

[地理/外国地名/東ヨーロッパ]カテゴリの言葉