出典:デジタル大辞泉(小学館)

原子力災害などで大気中に放出された放射性ヨウ素甲状腺に蓄積されにくくするために、予防的に服用する薬剤。放射能をもたないヨウ素を含むヨウ化カリウムなどを丸薬または内服液として製剤化したものが用いられる。外部被曝 (ひばく) や他の放射性核種には効果がない。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉

[医学/医学の言葉]カテゴリの言葉