出典:デジタル大辞泉(小学館)

昭和59年(1984)2月に打ち上げられた科学衛星EXOS-C (エクソスシー) の愛称。宇宙科学研究所(現JAXA (ジャクサ) )が開発。1982年から1985年にかけて実施された中層大気に関する国際観測計画(MAP)への参加に伴い、高度10~100キロメートル程度の中層大気の構造と組成の解明、磁気圏の観測を行った。ロケットとの分離直後に接触事故が生じ、バッテリー容量が5分の1に低下する障害に見舞われたが、その後約4年間にわたって慎重に観測が続けられた。昭和63年(1988)に運用終了。