出典:デジタル大辞泉(小学館)

サハリン(樺太)の南西部の小島。西能登呂 (のとろ) (クリリオン)岬の西約80キロメートルに浮かぶ。ロシア語名モネロン島。トドやアシカなどの海獣や、エトピリカをはじめとする海鳥が数多く生息する。1945年(昭和20)以前の日本領時代にはいくつかの漁村があり、ニシン、タラ、昆布を産した。1983年(昭和58)9月、付近の海域で大韓航空機撃墜事件が発生したことでも知られる。

[地理/外国地名/東アジア]カテゴリの言葉

[地理/外国地名/東ヨーロッパ]カテゴリの言葉