出典:デジタル大辞泉(小学館)

太陽の上に虹のような帯が見える現象。幻日と同じく上空の大気中の氷晶が太陽光を屈折することで生じる。出現高度は太陽高度によって変化し、太陽高度が約22度のときは約46度上方に現れ、太陽高度がこれより高くても低くても出現高度は天頂側に移動する。また、太陽から見て天頂を越えた位置には現れないため、太陽高度が約32度以下でないと見られない。環天頂弧。天頂環。天頂弧。逆さ虹。→環水平アーク