出典:デジタル大辞泉(小学館)

昭和62年(1987)2月に打ち上げられたX線天文衛星ASTRO-C (アストロシー) の愛称。宇宙科学研究所(現JAXA (ジャクサ) )がてんまの後継として開発。名称は「銀河」に由来する。高感度のX線望遠鏡、全天X線監視装置、γ線バースト検出器を搭載。大マゼラン雲に出現した超新星からのX線を捉えることに成功。セイファート銀河からのX線強度の時間変動やクエーサースペクトルの観測を行った。平成3年(1991)11月に運用完了。