出典:デジタル大辞泉(小学館)

Klyuchevskaya SopkaКлючевская Сопка》ロシア連邦北東部、カムチャツカ半島中東部にある活火山。同半島の最高峰(4750メートル)。17世紀末の噴火の記録があり、以降、何度も噴火を繰り返している。また、1935年に創設されたカムチャツカ火山観測所がある。クリチェフスコイ自然公園内に位置し、2001年に「カムチャツカの火山群」の名称で世界遺産(自然遺産)に拡大登録された。

[地理/外国地名/東アジア]カテゴリの言葉

[地理/外国地名/東ヨーロッパ]カテゴリの言葉