出典:デジタル大辞泉(小学館)

硬膜外腔内視鏡を挿入し、神経周辺の癒着組織を剝離、洗浄することにより疼痛 (とうつう) やしびれを緩和する治療法。神経ブロックなどの治療法が効かない慢性の腰痛、難治性の腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などに対して行われる。エピドラスコピー。