出典:デジタル大辞泉(小学館)

トルコ中南部の都市。アナトリア地方の主要都市の一つ。11世紀末以降、ルームセルジューク朝の首都となり、カイクバード1世の治下において発展。13世紀、イスラム神秘主義スーフィズム)のメウレウィー教団が設立された。教団の創始者ルーミーの霊廟(現在はメウレウィー教団に関する博物館)、アラアッディンモスクのほか、カラタイ神学校をはじめとする13世紀頃に創設された神学校が多く残っている。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉