出典:デジタル大辞泉(小学館)

トルコ北部の小都市。黒海から約50キロメートル離れた山々に囲まれた谷間に位置する。名称は、古くからサフランの集散地として知られたことに由来する。オスマン帝国時代の14世紀から17世紀にかけて、東西交易を結ぶ隊商都市として発展。築100年から200年の土壁に木の窓枠が並ぶ伝統的な家屋が数多く現存し、1994年、「サフランボル市街」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉