出典:デジタル大辞泉(小学館)

ハンガリー西部の町。バコニ山脈南西麓に位置する。同国最大級、かつ保存状態がよいことで知られるシュメグ城がある。16世紀半ば、オスマン帝国の侵攻でベスプレームから同地に司教区が移設されたことがあり、司教館、教区教会、フランチェスコ修道会の教会などが残っている。