出典:デジタル大辞泉(小学館)

ロシア連邦西部、ウラジーミル州の都市。州都ウラジーミルの北約30キロメートル、カメンカ川沿いに位置する。「黄金の環」と呼ばれるモスクワ北東近郊の観光都市の一つ。12世紀にロストフスーズダリ公国、続いてウラジーミルスーズダリ公国の首都が置かれた。14世紀末にモスクワ大公国の一部になり、以降18世紀頃までロシア正教会の中心地として栄えた。1992年に「ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録されたクレムリン(城塞)内のロジュジェストベンスキー聖堂スパソエフフィミエフ修道院をはじめ、歴史的建造物が数多く残っている。