出典:デジタル大辞泉(小学館)

遺伝子卵細胞細胞質で発現し、形質が子に伝わること。母性遺伝の一。オナジマイマイモノアラガイの巻き方、カイコの卵の色などが遅滞遺伝として知られる。雑種第一代(F1)の形質は母親の遺伝型によって決定されるが、遺伝因子は内の染色体に存在するため、雑種第二代(F2)でメンデルの法則にそった表現型が現れる。