あきた‐ぶき【秋田×蕗】 の意味

  1. フキの変種。葉柄が1メートル以上にもなる。本州北部から北海道に自生。秋田県を中心に栽培され、葉柄を砂糖漬けにする。