出典:デジタル大辞泉(小学館)

《トルコ語で「綿の城」の意》トルコ南西部の温泉保養地。地上に湧き出した鉱泉に含まれる炭酸カルシウムによって、石灰華の段丘が形作られ、真っ白な棚田に似た奇観をなす。古代ローマ時代の遺跡が底に沈んでいる温泉プールがある。石灰華段丘を望む丘の上にある古代都市ヒエラポリスとともに、1988年に世界遺産(複合遺産)に登録された。