出典:デジタル大辞泉(小学館)

長崎県南島原市にあった城。領主有馬貴純 (たかずみ) が明応5年(1496)に築城。元和2年(1616)松倉重政が入城するが、島原城の築城にともない廃城とされた。寛永14年(1637)に起こった島原天草一揆では一揆勢の拠点となった。現在は石垣と空堀が残る。はらのじょう。はらんじょう。

[補説]平成30年(2018)、大浦天主堂平戸天草五島などの集落とともに、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。