あき‐た・る【飽(き)足る/×慊る】 の意味

  1. [動ラ五(四)]《古くは「あきだる」とも。多く「あきたらない」の形で用いる》「飽き足りる」に同じ。「平凡な生活に―・らない」