出典:デジタル大辞泉(小学館)

近世、奈良で正月2日の早朝、吉野の村民が恵比須の絵像を売り歩いたこと。また、その呼び声。

「二日のあけぼのに、―、と売りける」〈浮・胸算用・四〉