あき‐ついり【秋入梅/秋黴雨】 の意味

  1. 《「あきつゆいり」の音変化という》梅雨のように降り続く秋の雨。 秋》
    • 「はてもなく瀬のなる音や―/史邦」〈猿蓑