出典:デジタル大辞泉(小学館)

小アジアにあった古代の聖域。現在のトルコ南西部の都市アンタリヤの南西約110キロメートルに位置する。名称は古代ギリシャの女神レトに由来する。ヘレニズム時代に築かれたレト、アポロンアルテミスを祭った神殿や円形劇場の遺跡がある。1988年、近郊にあるクサントスとともに、世界遺産(文化遺産)に登録された。レトゥーン。

[世界史/南アジア・西アジア・アフリカ史]カテゴリの言葉