出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 古代、宮城の警備、行幸・行啓の供奉 (ぐぶ) などに当たった官司。律令制下では衛門府 (えもんふ) ・左右衛士府 (えじふ) ・左右兵衛府 (ひょうえふ) の五衛府であったが、弘仁2年(811)以後、左右近衛府・左右衛門府・左右兵衛府の六衛府となった。衛府司。

  1. 衛府の役人。衛府司。